ホーム > ニュース > 住まいづくりの現場から

住まいづくりの現場から

2016.12.30

【スタッフブログ】今年も大変お世話になりました。

みなさま、年越しの準備はもうお済ですか?
来年の年賀状はもう出されましたか?


シェルターは本日が仕事納めです。

今年最後の出社日、社員全員で大掃除を行いました。

シェルターでは普段から清掃に力を入れているのですが、大掃除のときは輪をかけて、徹底的に、すみずみまでピカピカにお掃除をします。

今年一年お世話になった社屋を、感謝の気持ちで心をこめてお掃除すると、なんだか清々しい気持ちになりました。

さて、今年あったシェルタービックニュースをふりかえると…


▼1月21日 南陽市文化会館 ギネス世界記録認定証授与式

【スタッフブログ】今年も大変お世話になりました。

南陽市文化会館が「最大の木造コンサートホール」としてギネス世界記録に認定され、授与式が執り行われました。

南陽市文化会館は、多くのお客様やアーティストの方々にその素晴らしい音響をご好評いただいていて、地域活性化の中心的役割も果たしています。


▼7月30日 シェルタービアパーティー

【スタッフブログ】今年も大変お世話になりました。

今年は過去最高・約700名以上のお客様にご来場いただきました。

開催が危ぶまれたほどの悪天候から一転、天候が回復し無事お客様をお迎えできたのは本当にドラマティックでした。

社員手づくりのメニューも、お客様からご好評いただきとても嬉しかったです。

▼12月17日 シェルターインターナショナル学生設計競技

【スタッフブログ】今年も大変お世話になりました。

「多様な建築」というテーマのもと、藤本壮介先生を審査員長としてお迎えした今年の学生設計競技。

見事最優秀賞に輝いたのはフランスの2人組の学生!
 
実は過去にこのコンペで受賞した方が、いま気鋭の建築家としてご活躍されたりしています。

今年も大変濃い内容でしたので、ぜひ学生設計競技の公式HPから作品の詳細をご覧ください!
(このページの下にリンクがあります)


▼12月21日 南陽市文化会館ネーミングライツスポンサー決定!

【スタッフブログ】今年も大変お世話になりました。

シェルターは南陽市文化会館のネーミングライツ(命名権)を獲得し、2017年4月から「シェルターなんようホール」の愛称で親しまれることになります。


2016年は盛りだくさんの1年でしたね。
今年シェルターがここまで飛躍できたのも、お客様あってのことです。
本当にありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします!

2016.12.17

【現場レポート】ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス 完成!

先日の「ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス」オープンハウスには、大雪でお足もとの悪いなか、たくさんの方にご来場していただきました。

誠にありがとうございました。

今回のスタッフブログは、建物の完成報告です!

これまでのブログに登場していなかったスペースも一挙にご紹介します。


▼リビング

【現場レポート】ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス 完成!

ゆるやかな曲線で切り取った吹き抜けが、洗練された空間を演出します。

キッチンからはお庭が目に入ります。自然光がよく差し込み、明るく晴れやかな気分で家事ができますし、お庭で子どもたちが遊んでいても様子がよくわかるので安心です。

ダークブラウンのフローリングに合わせて、インテリアやカーテンもシックな雰囲気。

大きな窓にかかっているカーテンは5m以上の長さで、電動で開閉します。


▼テラス

【現場レポート】ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス 完成!

テラスと庭空間の白いタイルが、太陽の光を受けてきらめき、なんだか外国のような雰囲気。

お庭の手入れの負担を軽減するため、芝ではなくあえて砂利敷きにしています。

可憐な花を咲かせるバラやハナミズキなどの植栽が計算された配置で並んでいるので、春には庭が豊かな緑であふれることでしょう。

他にも家庭菜園スペースや砂場があり、家族みんなで庭を楽しめます。


▼2階

【現場レポート】ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス 完成!

2階には個人の居室が配置されており、廊下には吹抜けに面してカウンターがあります。

家族がそれぞれ別の階にいて別の事をしていても、お互いに存在感が感じられます。

そしてお気づきでしょうか…? 天井には、小屋裏へつながる収納式はしごユニットが!


▼小屋裏

【現場レポート】ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス 完成!

はしごを出して上りますと、お気に入りカラーの壁紙をあしらった、ちょっとわくわくする小屋裏スペースが現れます。

この空間、天井は低いですがトップライトから自然光が入るため、それほど窮屈な感じがしません。

収納として使用するほか、お気に入りのコミックや本をじっくり読むための「こもり部屋」としての活用も。



「ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス」の完成報告でした。

これで、今回の建物のレポートは完結いたします。ご覧いただき、ありがとうございました。

次回の現場はどんな建物でしょう…? またの更新をお楽しみに!

2016.12.8

【現場レポート】個性豊かなプライベートルーム

今週末12月10日(土)、11日(日)、12日(月)はいよいよ「ホワイトブリックが織りなすプレーリーハウス」のオープンハウス!

外観は水平ラインを強調した伝統的な寄棟、リビングは大きな吹抜けと曲面の壁がやわらかい表情を醸し出します。

そして、個人のプライベートルームはどのようかというと…とても個性豊か!

今回はその一部をご紹介いたします。


▼曲面壁を生かした子ども部屋

【現場レポート】個性豊かなプライベートルーム

吹抜けダイニングのウェーブした壁面を、子ども部屋にも活かしています。

ブラウンの床と壁紙で、全体的に落ち着いており勉強などにも集中できそうです。


▼華やかな雰囲気の子ども部屋

【現場レポート】個性豊かなプライベートルーム

パウダーピンクの壁がかわいい、子ども部屋。

無垢オーク材のフローリングがやわらかく明るい雰囲気です。

アンティーク調のきらきらしたランプも素敵で、まるで外国の女の子のお部屋のよう。


▼落ち着きを持たせた主寝室

【現場レポート】個性豊かなプライベートルーム

バルコニーから山形市街を一望できる主寝室。

ブルーのシルククロスが高級感と落ち着きを持たせるポイントです。

布製クロスは調湿性・通気性に優れているので健康にもGOOD!



壁紙や床の色で、お部屋の雰囲気ががらりと変わります。

それぞれお部屋の主のイメージに合わせた、気分の上がるプライベートルーム。

他のお部屋も、また印象がさまざまなのですが、そちらはぜひ、オープンハウスでご覧ください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

バックナンバー

住まいづくりの現場からIndex

2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月

▲TOP