ホーム > 家づくり > シェルター倶楽部

シェルター倶楽部

シェルター倶楽部

シェルターはお引き渡し後のつながりも大切にしています

お施主様とシェルターは、建築中はもちろんですが、お引渡ししてから永い親しいお付き合いが始まります。
末永く定期的にご訪問させていただき、ハウスドクターとしてお住まいの資産価値をいつまでも保ち続けてまいります。
お施主様に喜んでいただけることが、私共社員の働き甲斐。生き甲斐と心得、一層の努力を傾注してまいります。

シェルター倶楽部とは

シェルターでは、お引渡し後のお施主様の生活をより楽しいものにしていただけるように「シェルター倶楽部」にご入会いただいております。

シェルター倶楽部は、季節毎に情報誌をお届けし各種イベントも開催しております。ご参加者同志のお付き合いの輪も広まっています。 お引渡しからが、末永いお付き合いの始まりです。

シェルター倶楽部とは

シェルター倶楽部会員イベント

■2010年のイベント
“シェルター絆の森”活動

山形県では、森林を整備、保全し、美しい豊かな自然を未来の子供たちに引き継いでいくため、2010年3月25日に、県知事や関係者が出席して、県、企業(9社)、森林所有者が協定を結び、県民の皆様と一緒に森づくりを推進する「絆の森」活動を開始しました。

シェルターと、山形県、森林所有者である山辺町の(財)作谷沢育英会様との間で協定が締結され、“シェルター絆の森”が誕生しました。当社では、既に昨年から、梁材などに使用するカラ松の産地である岩手県で、植林などの森づくり活動を行なってきましたが、今年から山形県でも、シェルター倶楽部会員様や地域の人たちと一緒になって、植林、育林、伐採、そして芋煮会などのレクリエーションも交え、楽しみながら森づくり環境活動を展開します。

シェルターは、木造建築を建て「都市(まち)に森をつくろう」運動を全国で実施しており、最近では、防火地域である中心市街地に、地域材を活用した木造耐火店舗などの建築実績を重ねて、森林整備や街興しによる環境改善、地域活性化のお役に立つべく努力しております。

絆の森活動の第1回目として、2010年6月5日(土)に、山辺町“シェルター絆の森”において植林イベントを開催します。森づくりを通して地球環境を考え、子供たちに生きた環境教育をしながら共に楽しんでみませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。

シェルター絆の森活動1

シェルター絆の森活動2

シェルター絆の森活動3

シェルター倶楽部 蕎麦打ち道場

2010年7月11日には、「シェルター倶楽部 蕎麦打ち道場」を開催し、お集まりになった皆さんで、お互いに技術の向上を目指しました。打った蕎麦は、お昼に会場で試食し、残りはご自宅でご賞味いただきました。

今後も「蕎麦打ち道場」は開催予定ですので、その際はぜひご参加ください。

シェルター倶楽部 蕎麦打ち道場

■2009年のイベント
Shelter Beer Party(シェルタービアパーティー)

「シェルター倶楽部」会員の皆様とシェルター社員の交流の場として、シェルター本社前広場で「Shelter Beer Party(シェルタービアパーティー)」を毎年開催しています。

シェルターでお住まいを建築されて会員になられる方が年々増加し、「Shelter Beer Party」にご参加される皆様も多くなってきました。社員一同、大変うれしく、深く感謝いたしております。

■Shelter Beer Party 2009 開催報告

2009年8月1日(土)、シェルタービアパーティーにご参加いただいたお施主様は、過去最多の500名様に達し、皆様の喜びに満ちた笑顔と歓声が響き渡る、盛大で賑やかな催しとなりました。

ヒットパレードバンドの生バンドによる、リズミカルな懐かしさが漂う“オールディーズ”の雰囲気に包まれた会場。そば処ひふみさんの看板メニュー『冷たい肉そば』が予想外に早い売れ行きピッチで、500食以上振舞われました。

木村社長がこの日のために、与那国島の沖合いで釣ってきた100キロ以上の『カジキマグロ』の西京焼に長い行列ができ、また焼き鳥は、昨年を凌ぐ2,200本を焼き上げて全て完売。社員それぞれ得意とする“こだわり手づくり料理”を、皆様にご堪能いただきました。

ご参加頂いた皆様、誠に有難うございました。またお越し頂けなかった方は来年是非お越し下さい。お待ちいたしております。

Shelter Beer Party(シェルタービアパーティー)1

Shelter Beer Party(シェルタービアパーティー)2

Shelter Beer Party(シェルタービアパーティー)3

ルー・タバキン・インターナショナル・トリオ 2009 in shelter
■シェルター本社の木造大ホールに響く「良質なジャズサウンド」

2009年9月5日(土)、シェルター木造大ホールで、国際的に著名な『ルー・タキバン・インターナショナル・トリオ』によるジャズコンサートを開催しました。120名様のお客様が集い、1階から3階吹抜けホールまで一杯になりました。世界トップクラスの奏者が創り出す迫力のあるサウンドがホールに響き渡り、アップテンポやスローな曲を織り交ぜた演奏に酔いしれた、楽しい夜のひとときを過ごしていただきました。

演奏者、タバキンさんは、「太い柱や梁のある木造大ホールは、観客と一体になって、一流音楽ホール以上の良質な音響を生み出す」とびっくりされて、満足した感想を述べておりました。ハイクオリオティなコンサートを、今後も企画致しますのでお楽しみに。

●出演:ルー・タバキン、マーク・ティラー、ボリス・コズロフ

ルー・タバキン・インターナショナル・トリオ1

ルー・タバキン・インターナショナル・トリオ1

シェルター会員様のアフターサービス・リノベーションのご依頼はこちらまで 0120-370-248

▲TOP